高崎だるまの歴史

貴重な資料の発見

近年、「高崎談図抄」という文政十二(1829)年の文献に、だるまに関わる記載があることが分かりました。
田町の市で、だるまを売る様子が版画と文章で残されていたのです。まちなかで、だるま市のルーツともいえる動きが始まっていたことが分かる貴重な資料です。

当時の田町では、毎月5日と10日をゴトオビと言い、月6回の市・六斎市が開かれていました。「お江戸見たけりゃ高崎田町、紺ののれんがひらひらと」と謡われたほどにぎわっていました。六斎市の中でも、正月の10日を初市と呼び、市の神様を祭り、まちを挙げて祭りに沸いたようです。

高崎談図抄には、この初市の風景が描かれ、市の神様の前にだるまを売る店が出て、人々が買い求めている様子が見て取れます。今でも続いていれば、県内で最も歴史あるだるま市になっていたのかもしれません。

高崎談図抄

このページの上部へ
高崎だるまの歴史